犬も人も大切な日光浴!

庭

ここ最近、何日かお天気が悪かったり母が体調を崩して一緒になって寝ていたりであまり日に当たっていなかったルーディー君。私がお洗濯をしていると、網戸をカリカリ・・・と俺も庭に出してくれアピール(笑)

だしてあげたら気持ち良さそうに日向ぼっこ♪やっぱり人間も犬も、毎日太陽の光をあびたほうがいいですよね!私もそうですが、紫外線を恐れすぎてまったく日光にあたらない大人や子供が増えているそう・・・日光に当たらないと脳内のセロトニンが不足してうつ病になりやくなったり、骨粗しょう症になったりと病気にかかりやすくなるそうです。

そして、乳幼児では日光に当たらないことでビタミンKが不足して、「くる病」になってしまう子が急増しているらしいです!

くる病というのは、成長期(骨の発育期)の小児でカルシウムが骨に沈着ぜずに、軟らかい骨の組織が増加している状態のことをいうそうです。そうなると骨の成長障害や骨格や軟骨部が変形してしまい、O脚になってしまったりするそうです。
「こ、こわい!!」

初めての子は用心して、1ヶ月はお外に出さなかったり、授乳と睡眠不足で昼間もお外にでる元気や余裕がなかったりですよね・・・実際私も殆どお外にはだしてあげていなかった・・・・そして完母で頑張っていたのですが、母乳にはビタミンKが少ないそうです。でも、産まれた時などや健診でビタミンKシロップを飲ませてくれていました。ビタミンKシロップはそういうビタミンK不足を補うためだったんだと、改めて納得。

今のところ元気にビタミンKたっぷりの納豆が大好きでモリモリたべて、毎日日光も浴びていて元気です!

日光浴

娘も出てきて、庭で一緒に戯れていました(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る